2012年07月05日

Kaossilator好きから見た『Synth Arp & Dr Pad (YAMAHA)』レビュー

アルペジエータとドラムパッドで音楽制作できるiPadアプリ『Synth Arp & Drum Pad』が配信された。アルペジエータを中心に考えるというのは新しいアプローチかも。今月中(2012/7)は半額セールということもあり、買ってみた。
細かい仕様については公式ページを参照のこと。

第一印象として、とにかく機能が豊富。あまりに豊富すぎて面倒くさい…というのが主な感想(^^;

KORG Kaossilator系は、X−Yパッドで大雑把に指を動かして、それを録音し、ループ再生しながら他の音を重ねて行くというのが基本。大雑把ではあるが、そのぶん直感的に動かすことでき、変化のあるカッコいいフレーズが素早くできる。

一方、この Synth Arp & Drum Pad もループで重ねて行くことは同じだが、リズムセッションはパッド画面でバスドラ、スネア、ハイハット…とドラムパターンそのものをしっかり演奏して作っていかなければならないし、キーボード画面で行うアルペジエータも、(アルペジエータが補助してくれるとは言え)それなりに(鍵盤で)演奏していかなければならない。

アルペジエータのパターンは楽器とジャンルの分類により342種類も用意されているが、結局は“その中からどれを選ぶか?”ということであって、良くも悪くも「よくあるフレーズ」になりがち。例えば、Trance系を選べば「ああ、確かにトランスだわ」という感じ。結局は既存の音楽ジャンルを忠実に再現できるというようなもの。
用意されている音色も普通にポップスに使えそうな「まともな」ものがほとんど。このへんはYAMAHAらしいところか。
とりあえず適当にやってみたが、やっぱりavexな感じになってしまった(笑)。

ここまでネガティヴな印象で書いたが、これは裏を返せば、自分の思い通りにフレーズが作っていけるということ。

パッド画面は打楽器のみならず、コード(和音)をセットできるので、キーボードをリズム的に演奏できる。もちろんその和音構成音も自由にエディットできる。
キーボードは、SCALE(音階)を設定することで白鍵だけの特殊鍵盤になり、その音階構成音だけで演奏できるようになる。もちろん、アルペジエータのON/OFFはできるので、メロディーを普通に演奏もできる。
メインであるアルペジエータはいろいろと細かく設定できる。ジャンルに合わせたオリジナルパターン(ORG)の他、スタンダードなUp/Down/Alt1/Alt2/RNDとOctave Rangeの選択ができる。Gate TimeやSwingの程度をリボンコントローラで直感的に調整できるのは使いやすい。
Undo/Redoがあるので演奏ミスを恐れなくても良い。
トラック(PART)数は16あり十分。実はこれは録音トラックではなくMIDI Ch.そのもの。よって録音したパートの音色だけを後で変更可能。(これはiPhone/iPadアプリのiKaossilatorの“パート”と同様)

【まとめ】
『Synth Arp & Dr Pad』が向いている人:
・既に音楽のイメージが頭にあり、それを簡単に再現したい
・和音(コード)の基本を知っている
・J-POP好き

『iKaossilator』が向いている人:
・その場で偶然生まれるフレーズから広げていきたい
・とにかくすぐに音楽っぽくしたい
・個性的な音が好き
・House/Techno好き


私の場合、(ヘタに鍵盤が弾けるものだから?)鍵盤で弾くとどうしてもありがちでつまらないフレーズになってしまう。ドラムパッドでのプレイも普通のドラムパターンにしかならない。売れ筋なJ-POPには興味がないし、個性的なものが好きな自分には、(自分の中の)固定概念を壊してくれる自由度の高いKaossilatorとの相性がやはり良いようだ。
posted by pattayan at 00:25| Comment(0) | レビュー

2012年07月04日

アメブロから移動

好きなタレントのブログでさえも滅多に読むことがない自分にとって、ブログを書くモチベーションはかなり低い。
いや、決して文章を書くことが苦手だとかいうことはなく、過去のブログ でも、書き出せばかなり長い文章を書いている。
ただ、多くの人が書いているような日記のような文章をネットで公開したい気持ちがよくわからないのだ。もちろん、有名人であれば私生活の一部をファンに公開することで、ファンサービスとなることは理解できるが、そうではない一般人が書く意味が…。

物事への意見や感想を書きたい時に書いている…という人もいる。これについては、古くから個人サイトを作っていた自分にも理解はできる。ただ最近の私は、自分の意見や感想を(誰が読んでくれるかもわからないのに)手間をかけてまで書きたいという気持ちがなくなってきているのだ。自分の内面的な考えなどは、他人にはなかなか理解されないし、また、どう思おうが人それぞれで構わないのだから、それをわざわざ公開することもないだろうという感覚。

そんな私でも、「ブログを書いてみようかな」と思うことも稀にある。2年9ヶ月ぶりに書いてみようかとアメブロにログインしたが、多様化していくサービスのごちゃごちゃ感や、有料サービスへの誘導、本文が読みにくいほどの広告だらけのブログページを見て、ついに嫌気がさし、今後は(以前からサーバーも借りている)Sakuraのほうに書くことにした。

アメブロで書いていたときと同様に、ここでも以下のポリシーで継続する。
・基本的に音楽活動に関連する内容を書く
・写真は載せない(今後、自らの音楽活動については載せる可能性はあるかもしれない)
・専門的で長い文章を書くことを躊躇しない

全くもって「あまのじゃく」なブログになるが、それでも読んでくれた人には、なにか得るものがあるような内容にしていきたい。
タグ:つぶやき
posted by pattayan at 03:04| Comment(0) | 日記